ur賃貸は自己破産していても契約できる?借りられる理由などもご紹介!

自己破産は、賃貸契約においてどうしてもネガティブな印象を持たれやすいものですよね。

ギャンブルや借金など、自己破産になる原因は様々ですが、家を借りる際にネックになる事は間違いありません。

しかし、それでも賃貸住宅を借りたいと思う人もいるでしょう。

そこで今回は、ur賃貸は自己破産していても契約できるのか、また家を借りられる理由などもご紹介していきたいと思います。

自己破産を経験していて、ur賃貸を借りたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

自己破産後、一般的な賃貸契約は難しい?

それではまず、自己破産後において、一般的な賃貸住宅の場合の契約はどうなっているのかを解説していきましょう。

結論から言うと、自己破産後は賃貸契約を断られるケースが多いと言えるでしょう。

ur賃貸以外の賃貸住宅では、実際に大家さんやオーナーさんに、契約を断られたという話は良く聞きます。

一般的に、自己破産した場合は、生活に必要なものは残しておけるようになっていますが、住居は別です。

住宅ローンで住宅を保有している場合は、自己破産後に免責がおりると、住まいは処分されますし、持ち家の場合は競売によって換金されます。

家がなくなるというのは、とても辛い事ですが、債務の履行不能が自己破産なので、致し方ありません。

こうして自己破産によって家をなくした場合、やはり家賃滞納などのリスクを考えて、契約を断る大家さんやオーナーさんが多いのは事実なのです。

理由はどうであれ、1度自己破産をした経験があると、新たに賃貸住宅を契約するのは、ハードルが高くなると言えそうです。

 

ur賃貸なら自己破産後でも契約しやすい?

では次に、ur賃貸は自己破産後でも契約しやすいのかについて解説していきたいと思います。

先ほど、一般的な賃貸住宅での契約は、ハードルが高いと解説しましたが、実はur賃貸は自己破産後の人でも借りる事が出来ると、度々取り上げられているのです。

ur賃貸は、もともと日本住宅公団として設立されて、様々な理由から住宅に困っていた労働者を、救済する事を目的としていたという経緯があります。

そのため、現在でも困窮者への配慮は欠かしていないと言われているのです。

 

ur賃貸が自己破産した人でも借りられる理由

ここまで解説してきて、ur賃貸は低所得者向けの賃貸住宅だと思う人も多いかと思いますが、そんなことはありません。

しかし、低所得者を対象にしているわけではありませんが、自己破産のように様々な困難な状態を抱えている人にとって、借りやすい賃貸住宅と言えます。

そこでここでは、ur賃貸が自己破産した人でも借りられる理由について解説していきます。

ur賃貸の最大の魅力は、保証人が不要という事です。

自己破産した後の人にとって、賃貸契約に必要な保証人を用意するのは、至難の業ですよね。

ur賃貸なら、そのような必要がないので借りやすいのです。

個人情報機関に事故情報があっても、連帯保証人が必要ないので契約を進めることが可能です。

また、自己破産した人にとって、賃貸契約をする上でもう1つの負担なのが、敷金・礼金です。

キャンペーンなどを除いて、ほとんどの賃貸住宅では敷金・礼金・仲介手数料などが必要になりますが、ur賃貸の場合はこれらの初期費用が必要ないため、自己破産した人にとってはありがたいですよね。

ur賃貸を自己破産した人が借りる為に必要なのは、毎月の平均収入額が家賃の4倍、または33万円以上ということ。

もし、入居時に無職で無収入だとしても、ur賃貸の基準貯蓄額がクリア出来ていれば、借りる事が出来ます。

 

まとめ

さて今回は、ur賃貸は自己破産後でも借りる事が出来るのか、また借りられる理由などをご紹介してきました。

自己破産をすると、信用情報に傷がついてしまうので、一般的な賃貸契約を結ぶのは難しいと言えます。

しかしur賃貸なら、ur賃貸独自の基準をクリアしていれば、通常必要な保証人などの用意が不要なので、自己破産した人でも借りやすい賃貸住宅と言えるでしょう。

自己破産をして、賃貸住宅を借りようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

この記事を書いた人