赤ちゃんがハイハイ始めたら狭い部屋は怪我・事故に注意したい

あかちゃんがハイハイを始めると親は嬉しいものですね

でも、部屋が狭いと角の頭をぶつけたり、段差や階段で怪我をしないのか不安ですよね

赤ちやんがハイハイする段階で注意したいことそして歩き出す時には注意したいことがあります

できるだけ危険のない部屋づくりをするのが大事なようですね

 

赤ちゃんがハイハイすると注意が必要

ハイハイする赤ちゃん

発達段階に応じて事故原因は変わる

ねんね・寝返り段階

足をバタバタさせて落ちる

寝返りをして落ちる

ハイハイ・つかまり立ち段階

つかまり立ちから転ぶ

這って落ちる

ひとり歩き

よじ登って落ちる

 

ハイハイしたら大人が注意してあげたいこと

ハイハイしだしたらソファーなどに寝かせるのは止めて、ベットかフローリングの床にクッションマットを敷いて寝かせてあげましょう

赤ちゃんの落下事故

ソファー・ベット・椅子・ベビーカーからの落下

抱っこしての落下事故

大人・兄弟が抱っこして落下

 

赤ちゃんがハイハイしだしたら狭い住宅から脱出

赤ちゃんがハイハイした時の部屋作り

赤ちゃんがハイハイを始めると狭い部屋では危険が一杯です

その際、おすすめできる賃貸住宅がUR賃貸です

段差が少ない

赤ちゃんがハイハイを始めると段差で怪我をすることも多くなります

また、歩き出すと段差でコケることもあります

段差の少ない住宅を考えるようにしたほうがいいです

部屋数が多い

赤ちゃんがハイハイをはじめると玩具も増えてきます

玩具はいろいろな部屋に置くよりは1つの部屋にまとめておくことで子供部屋を作ることも考えてはいかがでしょうか?

カウンターキッチンがおすすめ

カウンターキッチン

赤ちゃんがハイハイを始めると安全ロックも力づくでシールごと剥がしたり、ドアに指を挟んで怪我をすることもあります

→ あまり家具の多い部屋で赤ちゃんをハイハイさせると思わぬ怪我をすることがあります

 

子育て世代へのサービスが充実しているUR賃貸住宅

子育て割引を受けることができる

UR賃貸住宅では『ママ割』『子育て割』『U35 割』『近居割』などの割引制度が充実しています

最大、通常家賃の25%割引をうけることもできます

UR賃貸「そのママ割」の割引制度について解説。対象や住み替えについても解説します!

最大9年家賃20%割引の子育て割を利用できる対象世帯は?毎年審査が必要?

【U35割完全解説】いくら安くなる?再契約できるの?

近居割・近居割ワイド・同時近居割を詳しく解説

 

初期費用がお得

UR賃貸はCMで流れているように『仲介手数料なし』『更新料なし』『保証人なし』『礼金なし』と宣伝されていますが、実は賃貸業界では通常ありえないサービスになっています

不動産業界の収益そのものをサービスしていますので、お得に賃貸が借りることができます

初期費用が安いけど出るときの費用はどれぐらい?実は安いです

 

部屋選びはどうしたらいい

1階がおすすめ

赤ちゃんハイハイすると歩き出すのも早いです

歩きだすと跳ねたり走ったりすることで、近所にご迷惑をかけることもあります

住宅は上の階の音が響きやすいので1階住戸がおすすめです

昭和建築のものより平成建築がおすすめ

家賃は昭和建築が安いですが、平成建築のものがやはりおすすめです

耐震性や設備が充実しています

また、段差も少ない部屋が多いです

不動産屋さんに行かなくても公式ページで部屋確認ができる

UR賃貸の公式ホームページ

UR賃貸住宅は全国にあります

現在の募集住宅は公式ホームページで一元管理されています

 

まとめ

狭い住宅で赤ちゃんがハイハイを始めると注意したいことが増えます

危険個所を把握して改善するようにします

また、ハイハイすると動きが活発になりますので、抱っこするときも誤って落下させてしまうこともあります

どうしてもスペースがない場合は新しく賃貸を借りるという選択肢も検討してみてください

その際、割引制度や初期費用がお得なUR賃貸は子育て世代には強い味方になってくれます

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません

この記事を書いた人