UR賃貸住宅の入居審査完全ガイド

UR賃貸の審査について徹底解説します

UR賃貸をご検討されている方に向けて書いた記事になります

UR賃貸入居審査

民間賃貸とは違う審査

 

[box03 title=”審査の特徴”]

連帯保証人不要

保証会社加入不要

審査方法は選べる

[/box03]

基本的には前年度の収入の審査になります

無職の方や自営業・年金暮らしの方は家賃前払いや預貯金での審査をうけることができます

審査方法

[box03 title=”3つの審査方法から選ぶことができます”]

昨年度の収入・・・・・通常(基準月額による審査)

家賃の前払・・・・・・特例(一時払い制度)

預貯金・・・・・・・・特例(貯蓄基準制度)

[/box03]

 

昨年度の収入

フリーランス・会社員・アルバイト・年金などの収入が家賃によって必要収入がかわります

入居者が単身か家族かによって必要な収入が変わってきます

[jin-iconbox10]

単身入居の条件

◆家賃62,500円以上 のお部屋 月額収入(家賃×4倍以上)
◆家賃200,000円未満のお部屋 33万円以上                    ◆家賃200,000円以上のお部屋 40万円以上

世帯入居の条件

◆家賃82,500円以上 のお部屋 月額収入(家賃×4倍以上)
◆家賃200,000円未満のお部屋 33万円以上                    ◆家賃200,000円以上のお部屋 40万円以上

[/jin-iconbox10]

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]月収は年収を12で割った平均月収のことです[/chat]

[chat face=”woman1″ name=”” align=”right” border=”gray” bg=”none” style=””]税金・社会保険料が引かれる前ですよ[/chat]

年収 月額収入 月額収入の4分の1
100万円 83,333円 20,833円
200万円 166,666円 41,666円
300万円 250,000円 62,500円
400万円 333,333円 83,333円
500万円 416,666円 104,166円
600万円 500,000円 125,000円
700万円 580,000円 145,000円
800万円 666,666円 166,666円
900万円 750,000円 187,500円
1000万円 833,333円 208,333円

[jin-iconbox01]

年収は税込の総収入を確認の上計算してください

[/jin-iconbox01]

 

家賃の前払い(特例)

昨年度に必要年収がない場合やフリーランス・無職の方・アルバイトの方でも

一時払い制度といい家賃を1年分先払いすることで入居審査をパスすることができます

家賃 必要な前払い
50,000円 600,000円
100,000円 1,200,000円
150,000円 1,800,000円

[jin-iconbox01]

契約時は一時払い制度のお金と保証金(家賃2か月分)+日割家賃・共益費が必要になります

[/jin-iconbox01]

 

預金残高(特例)

預金残高が家賃の100倍あれば入居審査をパスします

家賃 必要な預金残高
50,000円 500万円
100,000円 1000万円

[jin-iconbox01]

金融機関に残高証明書の発行が必要になります

[/jin-iconbox01]

 

必要収入が足りない場合

家族4親等以内やお勤め先の会社に家賃補給という形で足りない収入を助けるという方法があります

  • ご本人が必要収入の半分以上あるということ
  • 親族がUR賃貸に住んでいる場合は必要収入を超えた分の家賃補給が可能

 

1年未満の就業とこれから転職する場合

みなし年収をUR賃貸の所定の書式で提出することで審査を受けることができます

1か月20万円(税込)収入が見込まれている場合

ボーナスも合わせて1年間で取得できるであろう数字をもとに審査を行います

 

UR賃貸で落ちないためには

上記にある5つの条件を満たしている場合、基本的に審査は通ると考えて良いと思います。

ではどのような人が落ちてしまうのかというと、やはり金銭面で引っかかってしまう人が多いようです。このことが原因となって、「審査が厳しい」という印象が根付いているのかもしれません。

また、収入が安定していないと思われてしまうと、審査に落ちてしまう可能性も。俳優やモデルといった芸能活動をされている方、またはユーチューバーやブロガーの方など。ですが、先述の通り、一時払い制度や貯蓄基準制度を上手に利用することで、審査を受けることができます。ご自身の場合ではどうなのかと不安に感じたら、一度営業所などに相談しに行くことをお勧めします。

金銭面が一通りクリアできていれば、世間でのイメージほど「審査が難しい」ということはありません。

入居審査はいつ

本申込時に必要な書類を提出してすぐに確認してもらえます

収入審査の場合

■源泉徴収票

■課税証明書(市県民税課税証明書でも可)

■住民票(入居者全員)

■身分証明書

■認印

などが必要になります

駐車場契約・近居割・近居割ワイドなどを利用する場合は別途書類が必要になります

1年間前払いの審査の場合

■現金もしくは振込で1年間の家賃を用意

■住民票(入居者全員)

■身分証明書

■認印

 

貯蓄残高で入居審査を受ける場合

■残高証明書(金融機関から発行のもの)

■住民票(入居者全員)

■身分証明書

■認印

 

入居審査の注意点

身分証明書

入居審査に必要な身分証明書は公的な身分証明書で顔写真がついているものになります

  • 免許書
  • パスポート

 

必要な時間

本申込時は入居審査を行います

時間は1時間~2時間はかかります

また、本申込後に契約をされる場合は3時間~4時間かかることもあります

時間は余裕をもたれることをおすすめします

 

契約できる営業所

すべての営業所で契約することができません

契約できるかどうか、電話で確認するか公式ホームページで確認してから手続きをします

 

まとめ

UR賃貸の審査は年齢・職業などで否決されることはありません

審査は

  • 昨年度の収入
  • 一時払い制度(家賃の前払)
  • 貯蓄基準制度(預金残高)

の中からご自身に合う方法で審査を受ける形になります

収入が足りない場合は親族や会社に家賃補給という形で助けてもらうこともできます

その際は本人様の必要所得が半分以上必要になります

必要書類も全国共通になります

割引制度、駐車場を契約する場合などは必要書類についてはUR賃貸で再度確認することをおすすめします

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません

 

この記事を書いた人