UR賃貸のauひかりの利用料って?費用や開通までの流れも説明します!

みなさんは、ur賃貸住宅でインターネットを繋ごうと思った時に、どのような回線を利用するでしょうか?

今回ご紹介するauひかりは、速度が速く利用する人も多いと言われています。

しかし、具体的な費用や利用料、開通までの流れが分からないと不安ですよね。

そこで今回は、ur賃貸のauひかりについて、詳しく解説していきたいと思います。

これから、インターネット環境を整えたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

関東と関西では利用料が違う?

それでは早速、ur賃貸のauひかりは、関東と関西では利用料が違うのかについて解説していきましょう。

結論から言うと、関東と関西では関西の方が若干月額料金が高い傾向にあります。

ただし、これらの月額料金は「都市機構16MB」と「都市機構16MR」のどちらにするかによっても異なるので、一概には言えません。

16MBの場合は、工事費が一括で発生する代わりに月額料金が安くなります。

逆に16MRは、開通工事の料金がかからない代わりに、月額料金が少し高く設定されています。

 

auひかり都市機構特別プラン2750円はどう?

では次に、auひかり都市機構特別プラン2750円について解説していきましょう。

auひかり都市機構特別プラン2750円は、auひかりが提供するネットのみのサービスで、ur都市機構に住んでいる人限定のプランとなっています。

詳細は、下記の通りになります。

 

プラン名:auひかり ur都市機構プラン 16MR

プロバイダー:au one net

登録料:3,000円

月額利用料:2,750円

初期費用(工事費):0円

 

このような詳細となっています。

auひかり都市機構特別プラン2750円は、何といっても月額料金が安い事、解約時に発生する費用がないというのが最大の魅力ですね。

 

auひかり都市機構特別プラン3150円はどう?

では次に、auひかり都市機構特別プラン3150円についても見ていきましょう。

auひかり都市機構特別プラン3150円も、auひかりが提供するネットのみのサービスとなっており、ur都市機構に住んでいる人限定のプランとなっています。

詳細は、下記の通りです。

 

プラン名:auひかり ur都市機構プラン 16MR

プロバイダー:au one net

登録料:3,000円

月額利用料:3,150円

初期費用(工事費):0円

 

 

工事の費用と開通までの流れは?

それでは最後に、auひかりの工事の費用と開通までの流れを解説していきましょう。

auひかりは、開通時にかかる初期費用、工事費は0円となっています。

auひかりは、1~2週間でご利用可能となります。

まずは、新規申し込みを行い、工事日を決めます。

事前調査などがあるので、実際に工事日が決まるまでは、2~3日かかる場合もあります。

そして、ご利用開始のご案内と、宅内機器のお届けをして接続工事が行われます。

工事自体は、約1時間程度で完了し、宅内機器を接続すれば、ご利用開始できるようになります。

 

まとめ

さて今回は、urのauひかりについて詳しく解説してみました。

auひかりは、auひかりが提供するネットのみのサービスで、ur都市機構に住んでいる人限定のプランが用意されているのが最大の魅力です。

そのため、ur賃貸に住んでいる人なら、auひかりでインターネットを楽しむのがおすすめです。

これから、インターネット回線を繋ごうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

UR賃貸で利用することができるインターネット環境について解説!

 

この記事を書いた人